転職にあたり関東から関西へ移動…文化・環境の変化を乗り切るには?

転職に伴って、住むところが変わるケースがあります。首都圏内の引越しであれば、それほど文化や環境の変化を感じることはないかもしれませんが、関東から関西への移動はさまざまな意味で違いが出てきます。関東と関西の言葉の違いについては広く知られていますが、それ以外にも文化、環境面で大きなずれがあります。今回は、転職にあたり関東から関西に移動した人が、いろいろな違いを乗り切るための術を、ご紹介します。

転職で関東から関西に移動した場合、まずエレベーターの乗り方の違いに戸惑う人が多いと言われています。関西でエレベーターに乗ると、右立ちになっており、歩く人は左側を進むことになっています。日本のほかの地域では、左立ちが主流であり、右立ちは関西特有の文化です。

また、大阪弁に慣れることができない関東の人が多いと言われています。関東出身者が無理に大阪弁で話そうとすると、おかしなイントネーションに聞こえる場合があるため、逆に親しみを持たれない可能性があります。そのため、標準語を貫き通すという方法が賢明であり、周りもそれにすぐに慣れてくれるケースが多くなっています。

うどんやそばの出汁は、関東では黒っぽいことが多いですが、関西では薄めの色になっています。これらは好みの問題であるため、薄い色が好きな人にとってはありがたいという声もあります。転職エージェントおすすめの転職に伴って文化や環境は変わりますが、関西の明るさに慣れることが重要になります。